エクオールというものが今何故大反響なのか?

↓エクオールはコチラ!↓

 

 

当サイトの管理人です。今、「エクオール」という物質、成分が大変、注目を浴びています。

 

それが何故なのか、そしてそれに関する情報をいろいろと調べてみました。

 

エクオールとは

 

エクオールという物質を理解する前に、「ポリフェノール」について知らないといけません。

 

ポリフェノールには、人間に対しては、抗酸化作用と抗菌殺菌作用があります。そして、これを含む代表的なものに、動脈硬化やガンの予防に効果があると言われる「赤ワイン」などがあります。

 

そして、大豆に含まれるポリフェノールの一種を「大豆イソフラボン」と言います。この大豆イソフラボンは、女性ホルモン(別名:エストロゲン)と同じような働きがあると言われ、「ダイゼイン」、「グリシチン」、「ゲニスチン」の3種類があります。このうち、「ダイゼイン」という成分は、特定の腸内細菌によって代謝され、「エクオール」という物質へと変化します。このエクオールという物質の作用はエストロゲンの100分の1から1000分の1の強さとわずかではありますが、エストロゲンが足りない時に、エストロゲンに似た働きをして女性のゆらぎ症状の緩和などに効果を発揮します。

 

特に、このエクオールの研究では、2007年に日本更年期医学会が発表したものによると、女性108人を対象に更年期の症状別に分けて調べたところ、症状の重い方は、体内のエクオールの量が少なく、症状の軽い方はエクオールが多いという結果となったそうです。これにより、エクオールは、更年期障害によいのではないかと注目され始めました。

 

↓そのエクオールはコチラ!↓

 

 

エクオールが脚光を浴びて、注目され始めたきっかけ その1

 

日本テレビ系列で毎週土曜日の19:56 - 20:54 に放送されている「世界一受けたい授業」という教育バラエティ番組がありますが、2015年5月2日に放映された中で、このエクオールという物質について特集されたのです。特に、この番組では、今まで誰も知らなかった、エクオールの効果などについて、最新の研究結果を踏まえて、詳しく紹介されました。

 

そこでは、エクオールには、さまざまな高い美容効果や健康効果があることが紹介されました。それは、次のような効果です。

 

  • シワの改善効果
  • 更年期障害の軽減効果
  • 乳がんの予防効果
  • メタボリックの改善効果
  • その他のがんの予防効果
  • 骨粗鬆症の予防効果
  • 要介護・死亡リスクの低下

 

↓そのエクオールはコチラ!↓

 

 

エクオールが注目を浴びる3つの理由:シワの改善効果、更年期障害の軽減効果、乳がんの予防効果

 

特に、この中でも、「エクオールを12週間摂取した人の目尻のシワが顕著に現れた」というシワの改善効果と「更年期障害の症状もエクオールが多い人は症状が軽く、少ない人は症状が重い」という更年期障害の軽減効果、乳がんの予防効果の3点が特に大きく紹介されました。これは、不足した女性ホルモンをエクオールが補ってくれるからのようです。なお、女性ホルモン近いと言われる大豆イソフラボンよりも、体内で生成されたエクオールは、より女性ホルモンに近いことがわかっています。大豆イソフラボンは植物由来なので、それをより体内で効率よく使うために変化させたものがエクオールということです。

 

ただし、このエクオールは、体内で生成できる人とできない人がいるそうです。

 

 

エクオールが脚光を浴びて、注目され始めたきっかけ その2

 

実は、この「世界一受けたい授業」の前に、2015年2月22日のNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」で、エクオールのことが紹介されていたのです。まず、「腸内フローラ」ですが、腸内フローラとは、100兆個あるといわれているヒトの腸内細菌の集合体のことであり、フローラとはお花畑という意味で個性豊かな菌たちが暮らす腸の中のお花畑です。最近の研究では、腸内フローラが、がん、糖尿病、肥満、アレルギー、老化などと深く関わっていることがわかってきているそうです。そして、その腸内フローラの研究が今医療を大きく変えようとしています。

 

番組内では、藤田保健衛生大学の松永佳世子さんという医師の方が、腸内細菌が作り出す女性ホルモンに似た物質「エクオール」が肌の若さを保つことを実証したと紹介されていました。実験では、更年期の女性67人にエクオールを飲んでもらい、追跡調査したところ、『エクオール』を飲んだ女性はシワが浅くなっていったそうです。なお、このエクオールは、体内に入った大豆イソフラボンをエクオールに変化させるある特定の腸内細菌のみによってしか生成されないことがわかっています。

 

なお、この腸内フローラについては、その後、2015年の6月1日にも、「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系列放送)で「 あなたの腸を大改善!腸内フローラSP」、2015年9月1日には「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」(テレビ朝日系列で毎週火曜日 20:00 - 20:54放送)では、「今知っておきたい2大キーワード!腸内フローラ&新型認知症SP」でも紹介されています。

 

ちなみに、この腸内フローラですが、腸の中に地球が一つ分の生態系が入っているという感じだそうで、腸内細菌の種類は人それぞれ違っていて毎日毎日少しずつ変化しますが、大きくは変化せずだいたい死ぬまで一生涯その人には、その人の腸内フローラのタイプがあるそうです。

 

↓そのエクオールはコチラ!↓

 

 

藤田保健衛生大学の松永佳世子先生の実証実験

 

藤田保健衛生大学の教授でもある、松永佳世子(マツナガ カヨコ)先生は、名門の旧帝国大学である名古屋大学 医学部 医学科をご卒業されています。その松永先生の実験では、実証実験では更年期の女性67人にエクオールを飲んでもらい追跡調査しました。するとエクオールを飲んだ人はシワが浅くなっていったことがわかりました。これは、腸内細菌が作るエクオールが肌の張りを保つコラーゲンを増やしたと考えられています。更にエクオールには更年期の女性を悩ます顔のほてりや骨密度の低下を防ぐ力も報告されています。

 

閉経後女性の目尻のシワがエクオール摂取で改善

 

閉経後女性の目尻のシワがエクオール摂取で改善

 

シワの深さが改善

 

シワの深さが改善

シワの深さが改善

 

化粧品とエクオールのシワに対する働き

 

エクオールは、ハリのなさや深いシワに効果が期待されます。

 

化粧品とエクオールのシワに対する働き

 

(※)出典:雑誌「からだにいいこと」2014年8月号より「40代後半から肌が変わる『更年期美容』の新知識」より

 

エクオールを増やすには

 

では、このシワの改善効果、更年期障害の軽減効果、乳がんの予防効果などの効果が期待できるエクオールをどのようにすれば、増ことができるのでしょうか。

 

実は、このエクオールは、体内で合成できない人も多くいます。日本人の約半数は体内でエクオールが作れないとのことです。そして、その作れない理由は、腸内細菌にあり、イソフラボンをエクオールに変化させる腸内細菌が少なく、腸内細菌自体が活発でない人は、エクオールを生成することができません。だから、エクオールを増やすには、腸内細菌を増やすか、腸内細菌を活発化させるかのどちらかになります。

 

腸内細菌を増やす方法として有効なのが、食物繊維を多く含む食材(大豆、ごぼう、たまねぎ、にんじん、アスパラガスなどの野菜)を摂取するということです。また、腸内細菌を活発化させる方法として有効なのが、腸内細菌の餌となるものを摂取したり、菌自体を摂取することであり、納豆やみそなどの大豆や大豆からの発酵食品を食べるようにしましょう。

 

ただし、「世界一受けたい授業」で放送された内容によると、「エクオールを生成できる菌(エクオール産生菌)を持っていない方はいくら大豆を食べてもエクオールが生成されない』ということなので、現在、顔にハリがない、シワが深いと悩んでいる方は、自分の体内にエクオールがないことを疑ったほうがいいかもしれません。でも、このエクオールは、サプリメントで摂取することができるので、手軽な方法として、おすすめです。

 

↓そのエクオールはコチラ!↓

 

 

男性にも効果が期待できる、エクオール

 

なお、さきほどの「世界一受けたい授業」では、エクオールは女性だけでなく男性にも効果があるそうです。特に、男性の多くがかかるという前立腺肥大の症状について、エクオールは前立腺肥大を抑制する効果があることがわかっています。また前立腺がんの予防効果もあるそうです。さらに、男性ホルモンが増加することで薄毛になるAGAという症状にも、エクオールは効果がある可能性が指摘されています。

 

おすすめのエクオールのサプリメント

 

ここで、エクオール摂取に、おすすめなのがの「エクオール+ラクトビオン酸」という商品です。これは、エクオール研究の専門医である浜松町ハマサイトクリニックの院長である吉形玲美先生がメーカーと共同開発したエクオール商品になります。

 

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸

詳しくはコチラ!

 

「エクオール+ラクトビオン酸」は、次のような女性の更年期障害、ゆらぎ期の症状の方におすすめです。

 

  • 冷えびえ
  • ドキドキ
  • イライラ
  • めぐり
  • 気分の沈み

 

これなら、エクオールを生成するための必要な腸内細菌がなくても、スーパーイソフラボン「エクオール」そのものが摂取できます。また、このアドバンスト・メディアカル・ケアのエクオールサプリメントには、「エクオール」に加えて、エクオール生成力のアップとカルシウムの吸収を高める「ラクトビオン酸」を配合し、成熟女性の輝きをトータルにサポートできるサプリメントになっています。

 

なお、女性ホルモンは、お肌の老化とも深い関係があると言われています。エクオール摂取により、お肌のハリ、弾力アップが期待できます。

 

エクオール研究の専門医である浜松町ハマサイトクリニックの院長である吉形玲美先生からのメッセージ

 

エクオール研究の専門医である浜松町ハマサイトクリニックの院長である吉形玲美先生からのメッセージ

 

エクオール+ラクトビオン酸の概要

 

■栄養成分表示(3カプセル/1.32gあたり)
エクオール10mg ラクトビオン酸150mg
原材料名:ビール酵母 / ラクトビオン酸含有乳糖発酵物 / 大豆胚芽抽出発酵物 / HPMC / カラメル色素 (原材料の一部に乳、大豆由来原料を含む)
内容量:39.6g(440mg×90カプセル)

 

■価格

エクオール+ラクトビオン酸

 

詳しくはコチラ!

 

(※)この「エクオール」は、テレビや雑誌等、各種メディアで数多く取り上げられているため、反響が大きく、製造が追いつかない状況だそうです。現在、注文しても、発送は2月上旬以降となるそうなので、ご希望の方は、早めに申し込んでおいたほうがよさそうです。

 

最後に、この「エクオール+ラクトビオン酸」について、実際に使われた方の感想を載せておきますね。

 

エクオール+ラクトビオン酸の感想

 

↓そのエクオールはコチラ!↓